古地図にみる世田谷区・下北沢(江戸時代の絵図)その8・江戸天保年間・天保13年(1842年)頃

富士見十三興地全図

富士見十三興地全図

富士見十三興地全図(拡大)

 江戸時代(天保年間)の「富士見十三州輿地之全図」から荏原郡を抜粋

 富士山を望見できる13カ国を描いた広域図。作成されたのは天保13年(1842年)頃。
 作成者は秋山永年墨仙、版元は衆星堂である。

 寸法は、約154cm × 約174cmの大版で、木版、多色刷りである(明治初期に印刷された覆刻図も数多く出回っているようだ)。

 富士山を望見できる上野、下野、常陸、武蔵、相模、上総、下総、安房の関東八州と、信濃、甲斐、駿河、伊豆、遠江の五國の計13ヶ國を画いた広域図である。
 内容は、國名・國境・郡名・郡境・河川・城・村名・街道・神社・仏閣・温泉・灯明台などが詳細に画かれている。

 松原、代田、下北沢、上北沢、赤堤、若林、池尻、三宿、太子堂など世田谷でもお馴染みの地名が描かれている。サイズも大きく、かつ、詳細に記載されている地図である。

 なお、出典の地図は信州大学附属図書館所蔵である。


参考URL

 「富士見十三州輿地之全図

  信州大学附属図書館のデジタルアーカイブを閲覧できます。

 「富士見十三興地全図 (ふじみじゅうさんこうちぜんず)

  この絵図の解説を確認できます(海上保安庁海洋情報部のページよりPDFが公開されている)。